☆神様の星屑☆ bettybible.exblog.jp

教会の毎日の御言葉集        God Bless You !!


by betty_bible
プロフィールを見る

☆マタイによる福音書12:9~13☆

177.png今日の神様の御言葉177.png

イエスはそこを去って、彼らの会堂にはいられた。すると、そのとき、片手のなえた人がいた。
人々はイエスを訴えようと思って、「安息日に人をいやしても、さしつかえないか」と尋ねた。
イエスは彼らに言われた、「あなたがたのうちに、一匹の羊を持っている人があるとして、
もしそれが安息日に穴に落ちこんだなら、手をかけて引き上げてやらないだろうか。
人は羊よりも、はるかにすぐれているではないか。
だから、安息日に良いことをするのは、正しいことである」。
そしてイエスはその人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。
そこで手を伸ばすと、ほかの手のように良くなった。

                             マタイによる福音書12:9~13

162.png牧師先生からのメッセージ162.png

パリサイ人たちは、いやす行為も労働ととらえ、いやすことは安息日の規則に違反することだと主張した。
主イエスはそれを意に介さず、会堂で片手のなえた人をいやされた。
「安息日の主」が、ひとりの人に真の安息をもたらすために、権威をもっていやしのみわざはなされた。
それに対して憤ったパリサイ人はそこを出て行く、主イエスを殺す相談をしたという。
パリサイ人とはなんと恐ろしい集団であろう。神に仕えると言いながら神ご自身を抹殺しようとしている。
人のいやしを喜べず、人間性を喪失している。
神を信じることによって本来、信ずる人の心に、人間らしいみずみずしい感性が
備えられてゆくことを忘れないでいたい。

e0302135_09241490.jpg


[PR]
by betty_bible | 2018-10-07 00:00 | マタイによる福音書 | Comments(0)